名古屋市天白区の心療内科精神科 とんぼヶ丘クリニック【心療内科・精神科・うつ病・パニック障害・発達障害・認知症他】
ホーム > ブログ

ブログ


 アサーション〜自他尊重の自己表現
投稿:

連日猛暑🌞が続きますが、皆さま、熱中症にならないよう気をつけてくださいね。

決して無理をしないで、水分と栄養、睡眠をしっかりとって盛夏を乗り切りましょう!


ところで、日々診療していると、対人関係でストレスを感じている方が沢山おられます。

今月は、メンタルヘルスとして対人関係のあり方やストレス対処について、順次お伝えしていきたいと思います。


心が苦しくなって来院する方

とても人思いで気遣いが多く、人から頼まれると決して断らない。自分が我慢すればいいと思い、言いたいことも遠慮してしまう。

忍耐強く相手のために頑張るけれど、ついには身体や心がへとへとになってしまう。。


そんなあなたへ

自分の気持ちを押し殺さなくていいよ。相手のことを大切にするのと同じくらい自分のことも大切にしてあげて。勇気をもって自分の考えや気持ちを素直に伝えてみよう。

もし、あなたの意見が相手に受け入れてもらえなくても、落ち込まないで、堂々としていればいいよ。相手にもそれなりの意見があり、どう考えるかは相手の自由でもあるからね。



私たちは、人と関わる際に思ったことを言えずにいると、憂うつな気持ちになったり欲求不満や怒り、ストレスをため込んでしまったりします。そして、長く続くと、心や身体の変調を来たしてしまいます。


対人ストレスを減らし、さらに心身不調の予防のためにも、アサーショントレーニング(自分の言いたいことを上手に相手に伝えるための練習)がお勧めです。(参考図書:改訂版アサーション・トレーニング 平木典子著)

このようなコミュニケーションスキルを身につければ、相手を思いやりながら自分の意見を言えるようになります。


アサーションとは、相手の立場や意見を尊重しながら、自分の考えを主張する「相手と自分を大切にしたコミュニケーション方法」です。つまり、自他尊重の自己表現です。

相手と対等な目線に立ち、円滑な主張を行うことにより、理想的な人間関係へつなげられます。


アサーション理論では、コミュニケーションの自己表現として3つのタイプに分けられます。

1、アグレッシブ(攻撃的):自分のことだけを考えて、相手のことを考えず自己主張する。理由を聞かずに頭ごなしに叱責する。他者批判的で支配的。私はOK,あなたはOKでない。

2、ノンアサーティブ(非主張的):自分より相手を優先し、自分のことを後回しにする。自分の意見を押し殺して相手に合わせる。自己主張が控えめで消極的。私はOKでない、あなたはOK。

3、アサーティブ(自他尊重):自分の気持ちを素直に伝えつつ、相手の気持ちも考える。お互いの意見を出し合って、主張が食い違う時でも歩み寄って双方にとって納得のいく結論を出そうとする。自発的、積極的。私もOK,あなたもOK。




ここで、アサーショントレーニングの例について紹介します。

たとえば、仕事の締め切りが近づいてきた時に「仕事の進みが遅い!」と一方的に上司に怒鳴られた時、どう答えますか?


「申し訳ありません」と弱々しく言って黙り込む →ノンアサーティブ

「そんなに怒らなくていいじゃないですか!」と強い口調で言う →アグレッシブ

「仕事が遅れて申し訳ありません。お怒りはわかりますが、下準備はできて後はまとめるだけなので、もう少しだけ待っていただけないでしょうか」と穏やかに言う →アサーティブ


このように、アサーショントレーニングの基本は、まず、相手の意見を聞き、肯定し、相手への気持ちを理解したことを伝えながら、自分の主張をすることです

そして、お互いを尊重しながら素直に自己表現できるようになることを目指します。


より良い人間関係を築くためにも、ストレスをため込まないためにも、ぜひ職場や家庭で試してみてくださいね!

そして、よくわからない、うまくいかないなど、ご質問があれば、ご相談下さいね(*^_^*)




2019年8月1日(木)

 子育て中のお母さんお父さんへ〜皆が笑顔で
投稿:

子育て奮闘中のお母さん(^^)

毎日お疲れさまです!

そして、お仕事で忙しいお父さん(^^)

いつもお疲れさまです!


お父さんへ お願いがあります。

お父さんも一日会社でがんばっておられると思いますが、帰宅したら、一日子どもと向き合ったお母さんを労ってあげていただきたいです。


子育ては息つく暇もなく、家事をするのもやっとの思い。一人だと何とはなしにやれること、トイレに行ったり洗濯物を干したり、料理したり、そんなことが思うようにできない。

子どもが泣いてぐずると中断されて、てんてこ舞い。自分の好きなことをするなんて、とてもできない。そして、夜、寝かせたと思ったら起こされて。。


少しでも子どもを見てほしい。家事でもいい。隙間の時間でもいいし、ビール片手でも構わない。子どもは大喜びです♪

子どもとの触れ合いは、深く心の絆として刻まれ、お互いの成長(子どもだけでなく親も)に繋がります。

そして、お母さんに余裕ができると、子どもも安らげる。

家庭が和み、皆が笑顔になります(^^)



そして、お母さん、がんばりすぎないで!

子どもは思い通りにいかないとわかっていても、理想を追い求めて、うまくいかないと子どもを責めたり自分を責めたりしてしまいます。


イギリスの精神分析家ウィニコットは

「ほど良い母親(good enough mother)」

つまり完璧な母親ではなく、過度でも無関心でもない、ほどほどの育児が望ましいと述べています。

育児や家事を完璧にしようと思わず、肩の力を抜いて、笑顔でいてほしい。

子どもとのかけがえのない今を大切にしてほしい。

子どもはすぐに大きくなります。

しんどい時には周りに助けを求めてください。


ありがとう!(^^)! お疲れさま(*^-^*)

普段、面と向かってなかなか言いづらいけれど、言われてホッとする。

お互いがんばっていることを認め合って感謝しよう。

子育ての大変ながらも貴重な体験を分かち合ってほしい。

力を合わせて家族の物語を紡いでいけるのは、どんなに尊いことでしょう。



友田明美先生がご著書でも学会でも声をあげられていたこと

 子どもへの接し方で脳が変化する。

 「マルトリートメント」=不適切な関わりにより、脳が萎縮して、将来にわたって子どもに影響を与える。

 しかし、その後の関わりにより萎縮した脳も戻ることが研究で裏付けられた。

つまり、子どもの脳は発達途上であり、早いうちに手を打てば回復するということ。

 昔の体罰しつけではなく、褒め育てがよい。頭ごなしに怒らないようにしたい。

 スキンシップをはかることで、脳が活性化するだけでなく、オキシトシンが分泌され穏やかで愛情に満ちた気持ちにさせてくれる。

親に愛されているという自信と安心感さえあれば、健全にこころの成長を遂げてゆきます。


杉山登志郎先生も、子育てで一番大切なことは

 「安心」母親、父親、乳児が安心できること

 「多様性」子どもたちが好奇心に支えられて多様な成長をしていくことだと仰っています。


子供は社会の宝でもあります。

子育て失調のお母さん、お父さんを減らすために、皆が温かい目で見守り、手を差し伸べ、子育て家族を応援していけるといいですね(*^-^*)



2019年7月28日(日)

 大人の発達障害〜適材適所で能力発揮
投稿:

最近、診療していると、発達障害かどうかはっきりしないけれど、軽度ながらも特徴を持っているグレーゾーンといえるような方に多く出会うようになってきました。

対人関係など苦手な部分がありながらも、とても真面目で一生懸命。そして魅力や才能を持っておられます。


大人の発達障害は性格と同じように位置づけられるのではとも言われます。

性格が、持って生まれた気質と後天的な環境で作られていくように、発達障害も持って生まれた特性と後天的な環境の中で形作られていくように思います。そして、時、所、状況によって、発達障害の特徴が重く出たり、目立たなくなったりする。


発達障害やその傾向、性格が一階、うつや不安、強迫症状、時には統合失調症のような症状が二階と理解するとわかりやすい。もちろん、これに環境が影響する。


うつ病といっても、人によって症状の出方や経過が異なるのは、一階部分である性格や特性が異なるからともいえるのではないか。


また、我々が生きている社会も変わり、ひと昔前のような職人や第一産業など活躍する場所が減ったことも、発達障害特性のある人には生きづらい社会となっていることも指摘されています。

効率やスピード、コミュニケーション能力を過度に求める職場、年功序列という秩序がなくなった職場は、いづれもその傾向を持つ人が苦手とする環境でもあります。


発達障害の有病率の増加は、このような社会、文化的要因が大きく影響されているのではないかとも言われていますが、私もそのように感じています。



彼らにとって力を発揮する場を見つけられること。

総合的、平均的な力を求める場でなく、彼らの魅力と価値が認められ生き生きと過ごせること。

短所のように見えて、実は短所と長所が表裏一体となっていることも多い。

周りからみたらこだわりのようにみえても、深く考え抜く能力でもあります。


発達障害を少数派、定型発達を多数派として線引きするのではなく、皆が自らの能力を発揮でき尊重し合える世の中になってほしい。


人に接するのは苦手でも、得意な分野では天才的な発想で研究開発に繋がることもあり得るでしょう。発明家にはこのような少数派タイプが多いとも言われています。


企業管理者の方には、彼らが適材適所で能力を発揮できる環境整備をしていただきますようお願いいたします。


2019年7月25日(木)

 ランチョンミーティング〜お昼のひととき
投稿:


今日は朝から強い日差しとともに蝉が合唱していました。これから本格的な夏の暑さとなりますので、皆さま、どうぞお身体に気をつけてお過ごしくださいね。


さて、クリニックでは2ヶ月に1回、昼休みにスタッフが集まり、ミーティングを行っています。今日で52回目になります。

いつも午前診療が長引き、昼休みも交代でとることが多いので、皆でお弁当&スイーツを食べながら情報交換できる時間はとても貴重です。


ずっと課題となっている待ち時間の短縮については、13年前に予約診療を導入以来、皆の知恵を出し合ってきました。予約時間の間隔だったり、心理カウンセリングとの協働だったり。

しかし、なかなか予定通りにいかないことも多く、お待たせすることが度々あり、ご迷惑をおかけしています。患者さんには、そんな時にも嫌な顔をせず、かえって、大変ですねと声をかけていただくこともあり、感謝しています(^^)

今後少しでも待ち時間を減らせるよう工夫を重ねていきたいと思います。



そして、講習や講演会についての報告や意見交換も楽しみの一つです。

今日は、スタッフが児童精神科医の吉川徹先生のご講演「発達課題を抱えた子どもの進路選択の視点」について報告してくれました。


周りの大人が、その子の力を伸ばしていくために、一貫してその子に合った支援をしていくことが大切。

「この子が学校を卒業したら、どんな暮らしをしているだろう?」「そのときにはどんな力が必要になるだろうか」「今、何か行動するために必要なサポートはなんだろうか」。。

「逆算して考える」ということにハッとさせられました。


最後に。小さなクリニックでもチーム医療としてのコミュニケーションを大切にしています。

何より、患者さんに少しでも安心していただくためにチーム一丸となること、そして定期的に振り返ってメンテナンスすること。

特に心療内科・精神科では、医師だけでなくスタッフ全員、クリニック全体が精神療法的な場でありたいと思っています。

まだまだ足りない部分がありますが、よりよいクリニック作りに今後も努めてまいります。

お気づきのことがあれば、遠慮なくおっしゃって下さいね♪



2019年7月24日(水)

 うつ病の新治療と社会復帰〜クローズアップ現代より
投稿:

今日のNHKクローズアップ現代+うつ病100万人時代!では、最新のうつ病治療や社会復帰について取り上げられていました。

見られた方もいらっしゃると思いますが、少し紹介させていただきますね。


最新治療であるTMS(経頭蓋磁気刺激)

脳の背外側前頭前野を磁気刺激することで、脳の回復を行い、意欲・思考力の向上とともに、扁桃体の過剰な活動を抑制し、うつ症状の寛解を目指す治療法です。


日本では数年前から限られた医療機関において自費で治療を受けることはできましたが、今年6月から保険診療が適用されました。

抗うつ薬が効かない難治性うつ病が対象で、再発のリスクもあり継続治療が必要なこと、専門家が少なく、治療の標準化を行っていく必要があるなど、課題がありますが、治療の選択肢が増えるのは望ましいことだと思います。




そして、後半の社会復帰について。

番組でも、うつ病は医療だけでなく社会的なサポートが必要と言われていましたが、その通りだと思います。

仕事に復帰した後の再発も多いことから、就労移行支援に加え就労定着支援が3年まで受けられるようになり、少しずつではありますが、うつ病に対し社会の理解や支援が進んできているように感じます。


最後に、社会復帰で大切なのは?と聞かれて番組で言われていたこと。

 穏やかな踏み込み、カミングアウトして理解してもらうこと

 相手の立場に立つこと

 がんばらなくていい

 病気の向き合い方

 生き方を含めて、一人一人基準が違うので、自分らしく

 回復の目標は復職でなくても働き方を変えてもいい

 病気があっても、自分らしい生き方を

 自分のペースで


正にその通りだなと思います。

今までがんばってきたこと、まずは癒してあげて、ゆっくりと自分らしさを生かしていけるようになるといいですね(*^-^*)


2019年7月17日(水)

 心身のリフレッシュ 〜アクティブレストとパッシブレスト
投稿:

今年は梅雨が長引いていますね。

天候がはっきりしないと気分や体調もすっきりしないことが多いと思います。


今週は診療以外に外の仕事や書類書きに追われ慌ただしい1週間でした。あいにくの天気でしたが、思い切って土曜日の診療後、新幹線に飛び乗り、東京で束の間のリフレッシュをしました。




ここで休養のとり方についてのお話をしたいと思います。

疲れた時のリフレッシュ方法には、積極的休養(アクティブレスト)と消極的休養(パッシブレスト)があります。


自分の趣味、運動だったり旅だったり映画鑑賞だったり、人によって興味関心は異なりますが、好きなことをしてリフレッシュするのが、積極的休養。

一方、大の字になって寝そべったり、瞑想したり、睡眠を十分とって体と頭をゆっくり休ませるのが、消極的休養にあたります。


この2種類の休養を上手く組み合わせることで質の良い休養をとることができます。

普段デスクワークやじっとしていることが多い人は、体を動かすリフレッシュを多めに取り入れ、体を使うお仕事の方は、ゆったり過ごす時間を大切にされるのがお勧めです。


健康な時には、意識しなくても、この2種類の休養方法を適度にとっていることが多いですが、病気をした場合はどうでしょうか?


たとえば骨折などの怪我をした時を思い描いてみてください。骨折直後(急性期)は患部を動かさないようにギブスをして体を休めます。そして、治ってきたら(回復期)ギブスをとって、動きづらくなった体のリハビリをします。


うつなどの精神不調の際にも、同じようなことが言えます。

病気のなり始め(急性期)は、睡眠を十分とってゆっくり休みます(消極的休養)。そして徐々によくなってきたら(回復期)、元の生活に戻れるよう心身のリハビリをしていきます(積極的休養を取り入れる)。


もちろん、その方の病状や病期によっても異なりますので、ご自身がどのような回復状況にあるのか、今一度確認してみて下さいね。


疲れた時には自律神経も乱れやすいものです。ウォーキングや軽い体操などリズミカルな運動は、脳内神経伝達物質であるセロトニンの分泌を促し、気分や自律神経のバランスを整えてくれます。

疲れをため込まないためにも、アクティブレストとパッシブレストを上手に取り入れていけるといいですね。






2019年7月14日(日)

 漢方薬〜東洋医学的アプローチの魅力
投稿:

今日は七夕ですね🎋

皆さんは、どんな願いごとをされましたか


ところで、昨日は愛知精神診療所協会学術講演会に参加し、川嶋浩一郎先生の漢方に関する講演を聞いてきました。


漢方は、中国から伝わった医学をベースに10世紀ごろから日本人の体質や風土に合わせて発展進化した、日本独自のもの。明治時代に西洋医学が導入されるまでは正式な医学として定着していました。そのため、漢方医学は、西洋医学で治療対象となるような疾患に対しても診療体系を持ち合わせており、世界でも注目され普及しつつあるようです。


漢方薬は、何種類かの生薬を組み合わせて作られています。生薬は植物の茎や根、貝殻や鉱物などの自然素材を蒸したり干したり乾燥させたものです。



今回のテーマでもあった「発達障害児への漢方の試み」の中でピックアップされていた「甘麦大棗湯」。

構成生薬は、上記写真のように甘草、小麦、大棗(ナツメ)と全て食品由来で甘いものばかりです。

疲れて気分が落ち着かない時には甘いものを食べるとリラックスできますよね?そういった効果をパワーアップしたような処方で即効性もあります。

比較的体力が低下した人で気分が不安定、不安、不眠がちで、訳もなく涙が出てしまう場合によく効く薬です。子どもだけでなく大人、特に女性に使えます。診療でも効果がみられた方が何人かいらっしゃいました。


以前、専門医の先生が、漢方は美味しく感じると合っているのよと仰っていました。また、よくなってきて体が必要ないと判断すると、まずく感じるようにもなるそうです。

薬にもよりますが、効果が出るのに2週間から4週間くらいのことが多いようです。


そして、漢方にも少ないながらも副作用や相互作用が出る場合があります。特に甘草を含む漢方では、浮腫(むくみ)や脱力感が出た場合には注意が必要です。


漢方医学では、「人間の体も自然の一部」と考えます。漢方は体全体の調和を図ることで部分も改善させる。ストレスからくる心身不調に対し心と身体へのアプローチができることから、我々が扱う病態には強い味方になります。


漢方薬には以前より興味があり、講演や講習に出かけてきました。

とても奥が深く、まだまだ勉強不足ではありますが、今後さらに治療の幅を広げていきたいと思います。




2019年7月7日(日)

 フィンランドの子育て支援〜ネウボラ
投稿:

フィンランドに滞在中の秋篠宮ご夫妻が現地の「ネウボラ」子育て支援施設を視察し利用者らと交流されたとの報道がありました。


ネウボラはフィンランド語で「助言の場」を意味し、妊娠から出産、子どもの就学まで担当の保健師が切れ目なく子育てに関する相談に応じ、家族をサポートするしくみのことをいいます。

日本でも、日本版ネウボラ「子育て世代包括支援センター」の設置が各自治体に広がっているようです。


少子化の時代、子育ては尊いながらも本当に大変。

共育てがいいと言うけれど、出るのが苦手なお母さんにとっては孤育てになってしまう。


そんな時、自分のことをわかってくれる人に気軽に相談できるのは、どんなに心強いことか。そして、継続してサポートを受けられる安心感も大きい。


フィンランドでは、「ネウボラ」によって、出生率を伸ばし、児童虐待死を激減させたといいます。


日本では、財源や人材確保の問題があると思うものの、次世代を育てることは、国の将来につながる最重要課題でもあります。


家族全体の健康や幸せが、子どもの健やかな成長につながります。

子育て失調の家族を減らすためにも、このような取り組みが広がっていくのを切に願います。


そして、微力ながらもクリニックでできること。

育児への不安を抱えているお母さん、接し方に迷いがあるお父さんに、少しでも安心感を届けたい。気になること、心配なこと、どんなことでもご相談くださいね(*^-^*)




2019年7月5日(金)

 学校医として
投稿:

毎年7月は養護学校で精神保健相談を行っています。

1日目の今日は、数名の保護者が相談に来てくださいました。


障害を抱える子どもを日々苦労しながら支えておられる保護者の方々には、いつも頭が下がります。


言葉で表現できない分、感情や行動で表現する。これは当たり前でもあるけれど、泣き続けたりひどいパニックに対峙するしんどさ。


家族が口を揃えて言われるには、そのような時にどれだけ人目が気になり、人の迷惑にならないようにと心苦しく思っているのか。

何とかしたいけど、どうにもならない。どうしたらよいのか。。


一番は本人が安心できること。

安心して気持ちがいいと、気分も落ち着き、泣き止んだりパニックもおさまる。

でも、これがなかなか難しい。


私たちは、せめて、電車やスーパーでこのような親子に出会ったら、優しい眼差しを向けてあげたいものです。


誰もが安心して過ごせる温かい社会でありますように。


2019年7月4日(木)

 今月の花
投稿:

待合室や診察室に飾るお花を紹介します♪
季節を感じられるよう母が心をこめて毎月作ってくれるプリザーブドフラワーです。



バラに果物をアレンジして夏らしく明るい色調に仕上がっています。



ラベンダーとユーカリの葉のアレンジでほんのりラベンダーの香りがします。診察中に少しでもリラックスしてもらえると嬉しいです。私自身も癒されています。



2019年7月3日(水)

<<前のページ 最新 | 1 | 2 | 3 | 最初 次のページ>>

現在2ページ目を表示しています



とんぼヶ丘クリニック
〒468-0030 愛知県名古屋市天白区平針台1-409-2
052-803-1233

Copyright (c) Tombogaoka Clinic All Rights Reserved.